FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海嘯』(田中芳樹・著)読了

13世紀後半の、中国・宋の時代。
太祖・趙匡胤が建国して以来300年、栄華を誇っていた大宋帝国も次第にほころびが見え始め、そんな中モンゴルの騎馬民族が建てた元が、フビライ・ハーンの号令いっか、宋討伐の大軍を起こす。
元軍は長江を越え、宋は都・杭州臨安府を開城し降伏を余儀なくされる。
しかし気概ある文官、武将たちは、幼帝をいただいて船で南下し、宋国再建を誓う。
消えゆこうとする宋帝国の動乱の中、時代の流れにあがない続け、あくまでも己を貫いた男たちの歴史群像物語。

という物語です。

先日の『紅塵』と違って、この『海嘯』はかなり読みやすいです。
氏独特の文体である、妙にかみくだいてわかりやすくしようとする面もなく、違和感なく読めます。
またボリュームもあって、物足りなさ感というものもないです。

「宋という国にはヒーローがたくさんいて、中国史の中でも一番面白い」

という内容のことを、以前田中芳樹氏が書いていたのを思い出して、最近は『楊家将』や『紅塵』などもそうですが、この「宋時代」の本をつづけて読んでみました。

宋という時代は、文官が武官を統制する「文治主義」というのが国の思想の根幹にあります。
現代の用語でいうと「文民統制」とか、いわゆる「シビリアンコントロール」というところでしょうか。
軍が強大化することにより争いが増え、平和が失われる…。
軍を統制することで平和を創ろうという国の考えにより、宋は何度も北から外敵に侵攻されますが、領土を縮小しながらも国を存続させていきます。
比較的平和な期間が長い時代であったから、庶民は日常生活での楽しみを見つけるゆとりが生まれた。
日本でいうと、ちょうど江戸時代みたいな感じでしょうか。
そんな中、演劇をつくるためにヒーローが必要になり、「楊家将」の楊一族の報われない忠臣の物語、岳飛をはじめとする「抗金名将」たちの物語、「水滸伝」で描かれた社会からはみだされた梁山泊の盗賊たちの国に捧げた義の物語、そして文天祥や張世傑らが活躍する宋末元初の物語と、それぞれヒーローもののストーリーが生まれたんではないかと思いました。
僕の勝っ手な推測ですけど。

ということで、この『海嘯』の評価は★★★★です。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://samurai76.blog61.fc2.com/tb.php/55-d6f25c13
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。