FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『香乱記』 (宮城谷昌光・著)読了

僕の好きな小説家、宮城谷昌光さんが書かれた『香乱記』(文庫本全4巻)を、昨日読み終えました。

秦の始皇帝末の時代。
旧斉国の王の末裔、田氏の三兄弟は、故国・斉の独立を目指し立ち上がります。
この『香乱記』は、田氏三兄弟の末弟、田横を主人公にした物語です。

ある日、人相見の名人である許負に「あなたたち三人は、将来王になる」と予言されたものの、いのちを狙われる田横は、斉を出て秦に奔り、秦の皇太子・扶蘇に仕えることになります。
田横は扶蘇のもとでひととき厚遇を得ます。
が、始皇帝が薨じ、宦官・趙高の策略によって民からの支持の厚い扶蘇は自害させられ、名将・蒙恬が殺されると秦の統治も揺らぎはじめ、時代は一気に動乱へと傾きはじめます。

陳勝・呉広の乱にはじまり、秦からは軍事の天才・章邯が現れ、楚からは英雄・劉邦と覇王・項羽が歴史の表舞台に登場してきます。
そうした中で、田横は打倒秦、反楚抗漢と、あくまでも斉の自立のために地味ながらも戦い続けますが、劉邦が項羽に勝ち時代は漢の統治となります。

漢の皇帝となった劉邦からは、「降伏すれば厚遇しよう」と言われますが、詐謀によって創られた漢という国に生きるのを潔しとしない田横は、最期には自刎して果てます。

あらすじはこんな感じです。

この項羽と劉邦が覇権争いをした“楚漢戦争”の時代に、斉という国の自立のために田横という人物がいたことを、僕はいままで知りませんでした。

Wikiペディアにも載っていないぐらいなんですから、歴史的にはかなり影が薄い存在なんでしょう。

この本を読み終えると、いままで持っていた楚漢戦争時代に活躍した人物のイメージが、だいぶ変わってしまいます。
劉邦、韓信、張良、項羽、酷いくらいにみな悪者という描かれ方をされています。

まぁ、宮城谷さん曰く「田横は僕の理想像」というだけあって、田横は権謀術数の世にあって清らかな精神を失うことなく、非道な行為や汚い策略を用いることなく、悪逆な秦に立ち向かい、暴虐な項羽と戦い、狡猾な劉邦に盟うことなく、最後まで戦い抜いたんですから、歴史的にもう少し評価されてもいいかなとは思います。

でも、田横は決して戦争が巧かったわけでもないし、統治に秀でているわけではないし、項羽や韓信にはこてんぱんにやられた敗将。
僕はやっぱり、この時代では韓信や項羽、張良や陳平などの名将・名参謀の方が好きですね。
そういう意味では『香乱記』は、★★★
楚漢戦争時代をまた違う視点で見ることができるのはいいですが、『孟嘗君』や『重耳』、『夏姫春秋』などと比べると、個人的には…って感じです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://samurai76.blog61.fc2.com/tb.php/42-9e116e0f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。