FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行記 ~その3~

◆7月6日(日)晴れ。やはり快晴。

昨日・一昨日のややハードスケジュールな旅程。
というか、単に寝るのが遅かっただけ?

でもそんな旅の疲れと、睡眠不足もあったのか、目覚めたのは朝10時過ぎ。

前日の晩、僕の頭の中では

8:00 起床
8:30 朝食
10:00 観光へ元気よく出発…

という綿密にして完璧なる計画が立てられていたが、時計を見た瞬間プランの練り直しを余儀なくされる。

「あぁ、予約した朝食バイキングが。。。」

と、器の小さい僕はさらりと後悔した。

しかし、それぐらい体力的にハードな旅程を続けてきたんやから、仕方がない。
Mさんにも「よく眠らないと体が持たないよ」と言われたので、気を取り直して今日もレンタカーでの本島観光。

借りる予定だったレンタカーショップの名前が変わっていたせいで、ムダに探し歩くなどしたため、予定より多少遅れたが12時半頃にホテルを出発。

まずは、僕が沖縄で希望していたグラスボートへ乗りに、名護市にある「ブセナ海中公園」へ向かう。
このブセナ海中公園は、僕の中では

「グラスボートに乗れて、あとは暑いし水中トンネルで魚が見れればいいや」

というイメージの予定を立てていた。
というより、ネットで事前に調べてはいたがあまり詳しくは載っていなかったので、それ以上のことはわからなかった。

しかしここは、敷地内にホテルや海中トンネルがあるほか、ダイビングやグラスボートなどが楽しめ、敷地内にシャトルバスが走るくらい、そこそこ大きな敷地を持つ観光リゾート地。

P7062277.jpg

しかし、裏を返せば車いすでは行きづらいグラスボートと、10メートル以上も螺旋階段で降りる必要があるであろう海中トンネルと、宿泊客以外には無関係の広大なホテルと、泳ぐ予定にしていない者にとっては水着ギャルを見て目の保養にするぐらいしかないビーチしかない。

つまり、僕がイメージしていた水族館的な施設ではない。。。
という大切な情報を、ここに来て初めて知った。

でも、まだ朝からほとんど何も食べていないので、取り敢えずメシを食おうということで、リゾート風の小洒落たレストランでランチ。

P7062286.jpg

そこで、リゾート価格のタイ風カレーライスと、リゾート価格の南国ジュースをオーダー。
一番食べない僕が一番食費のかかるという、何とも贅沢というか無計画というか、コストパフォーマンスの悪いランチ。
しかしとりあえず、にわかセレブ気分を味わい、お腹も満たされたところでグラスボートへ乗船。

P7062309.jpg

グラスボートはもちろんバリアフリーなどになっているはずもなく、僕も車いすから降りて乗船。
オーストラリアに行ったとき、ケアンズで乗って以来のグラスボート。
暑い中、多少しんどい態勢で船底のガラスをのぞき込む必要があったが、エメラルドグリーンの珊瑚の海を泳ぐいろんな魚たちを見ていると、そんなことは忘れさせてくれる。
グラスボートでもこんなに綺麗に見えるんやから、ダイビングでじかに見れたらさぞ感動するんやろうなぁ、とダイビングの魅力が少しわかる気がした。

グラスボードにも乗船できたのでブセナ海中公園をあとにし、次の目的地である恩納村の「万座毛」へ向かった。

「万座毛」

この漢字を見て、どんな場所をイメージするだろうか。

万…いっぱい
座…すわる
毛…け

「毛がいっぱい生えているスポットか。。。
って気持ち悪いわ!」

と何気に思ったりもしたが、

ネットで調べてみると

「万座毛とは18世紀初頭の琉球王尚敬(しょうけい)がこの地を訪れたときに「万人を座するに足る毛」と称讃したのがその由来。「毛」とは沖縄のことばで「原っぱ」のことをいいます。その名の通り、天然芝があたり一面に広がり、そのまわりの植物群落は、県の名勝に指定されています。隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺望は、雄大な美しさを見せてくれます」

とのこと。

沖縄と北海道の地名は、読めないか、読めてもイメージがわきにくい地名が多い。
もともと現地の言葉での地名に、後から無理矢理漢字を当てていることの弊害なのか。
漢字は、音のほかに意味がある世界でも特殊な文字やから、音と意味両方で通じないとイメージが伝わらない。
なら、別にカタカナで表記しても問題ないような気がする。
けど沖縄の言葉、特に離島の言葉はかなり独特で、そんなカタカナですら表記しにくいって、テレビで見たような。。。
ってなことを考えているうちに「万座毛」に到着。

P7062333.jpg

万座毛は夕日の美しいポイントなのか、僕たちが行ったときはバス数台を含め、結構な数の観光客の人たちが見に来ていた。
散策コースはきちっと整備されていて、完全バリアフリーとなっていて車いすでも行きやすい。
断崖絶壁の岬に、ここでもエメラルドグリーンの海。
そして、南国特有の植物。
と絵になる風景で、車いすに乗っている人にも安心しておすすめできる沖縄のスポットです。

那覇まで帰る時間と、レンタカーの返却時間もあることなので、本日の観光はこれで終了ということで、那覇のホテルへと帰る。

ホテル帰着後、ホテルの大浴場で入浴。
少し休憩し、夕食を食べるために近くの国際通りへぶらぶらと歩いた。
入った店は、やっぱり沖縄料理を食べれる居酒屋。

「じゃ、沖縄に来たんでせっかくやから、ゴーヤと、島らっきょうと、ラフティと、ミミガーと、もずくと、魚料理と、あとは泡盛と果物のジュースと…」

って昨日・一昨日の夕食と同じ注文やん!?

P7062377.jpg

と食べてから気づいたが、やっぱその土地に行ったらその土地の物を食べるのが一番いいと思う。
新鮮やし沖縄料理は特に健康にいいとよく聞くし、雰囲気もあるやろうけど何よりおいしい。
そのお店のラストオーダー時間まで注文し続け、閉店時間までガッツリと旺盛に食べ続け、最後のお客として店を出ました。

そして、ホテルに帰って2時半頃に就寝。

つづく。。。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://samurai76.blog61.fc2.com/tb.php/16-9599c597
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。