FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野旅行記

23日(土)~25日(月)の2泊3日で、長野旅行に行ってきました。

僕が以前お世話になった(いまでもよくお世話になっている)U病院。
そこに長年勤めておられ、いまは定年退職を迎えて長野に居を移し、夫婦でセカンドライフを楽しんでおられるYさんに会うのが、今回の旅の目的です。

メンバーは、いつものスーパーヘルパーMさんと、今回が初参加のY村さん。
朝8時半頃に自宅を出発。
3人で車に乗り、名神高速、中央自動車道、長野自動車道と乗り継ぎ、途中いつものうどん屋さんで昼食を食べて、夕方5時頃にYさん宅に無事到着。
久しぶりのご対面を果たした後、まずは近くの温泉に行き旅の疲れを癒しました。

温泉に入った後、再度Yさん宅に戻り、休む間もなく夕食が始まりました。
出されるメニューは、Yさんが自分の家の畑で収穫したご自慢の野菜。
なすび、トマト、じゃがいも、キュウリなどなど、新鮮な野菜はやはり美味い!
それに、メロンやリンゴ、桃といった果物まで自家栽培していると聞いて驚きました。

たぶん4,5年ぶりにお会いしたと思うのですが、自分の好きなことをして暮らしているYさんを見ていると、とても生き生きとしているし、輝いて見えましたね。
長野の山の空気は澄んでいてきれいやし、この地で田畑を耕して自然と共生して生活しているのを見ると少しうらやましいとさえ思いました。
これぞまさしく田舎暮らし。
「DASH村」みたいな暮らしがしたい僕にとっては、憧れの生活かも!?

それにいまは、都会から子どもを「山村留学」として受け入れてるとのことで、老夫婦に子どもがいつもいてと、田舎暮らしながらさみしくもない理想的な毎日。
Goodです、こういう生活!!

ただ、やっぱり近くに店がないのは少し不便かな…とも思ってしまうけど、慣れれば大丈夫かな。

そんなYさん夫婦と、都会から「山村留学」で来ている子供たちと語らいながら、楽しい夕餉を終えました。

次の日は、朝は少しおそめに起床。
朝ご飯をご馳走になり、松本城へと観光。
長野に来てまで史跡めぐりをするところが僕らしい!!

松本城は五層六階の黒色で建築当時の姿で国内に残る数少ない天守閣を持つ城。
広大で堅固なイメージを持っていたのですが、行ってみると石垣も低く、堀も幅が広いわけではなく、案外小さな感じの可愛い城でした。
「これぐらいの城なら、500人ぐらいいれば落とせるかな」
と思えるぐらいの城ですが、黒塗りの天守は豊臣秀吉好みということで、遠くから眺めていても威圧感を感じましたね。
国宝に指定されているだけあって保存状態もよく、観光客は多いですが城好きな人にとっては欠かせないスポットと言えると思います。

PICT0001.jpg

PICT0049.jpg

松本城観光を終えると、前日と同じ温泉にまた入り、Yさん宅に戻りました。
そして、自然で取れたて野菜の天ぷらをメインにした夕食を食べ、楽しい一日はあっという間に終わりました。

そして最終日。
前日より少し早めに起床。
朝ご飯をご馳走になり、帰りの身支度を整えて、名残惜しさの残る中、Yさん夫婦に見送られ長野を後にしました。

今回も多くの人のおかげで、いつもながら楽しくて良い思い出ばかりの旅でした。
新鮮な野菜、自然豊かな風景、おいしい空気…。
天候には恵まれず、アルプスは見られませんでしたが、それはまたの機会ということにしておきます。

また会う日まで。
Yさんありがとうございました。
スポンサーサイト

Hapyy Birthday to me !!

今日、8月21日は記念すべき誕生日です。
そう、僕のです。

僕もいよいよ、26歳と72ヶ月という年になりました。
ゆずとコブクロと、香取慎吾とほしのあきと劇団ひとりと、中田英寿と同級生です。
働き盛りの年齢です。
遊びたい盛りの年です。

きっと日本国民のみなさんは、自宅の前にお子様ランチに付いてるぐらいの大きさの、日の丸を掲げてお祝いしてくださってるんやろうなぁ。
最近日の丸持って僕に声援を送ってる日本人を、よくテレビで見ます。
場所は北京でですけど…。

国民の皆さんも、今日は僕の生誕記念日ということで、休日としてゆっくり過ごされてるんやろうなぁ。
僕も今日は風邪でお休みなんで、一人で誕生日ケーキを食べるでもなく、さみしく普通の休養日として過ごしておりました。

誕生日という節目の日を、普段とは違う特別な日にできればいいんですけど、今さらこの歳になって…という感じが年々増してくる今日この頃。
今日も母親に言われるまで気づきませんでした…。

この一年、僕にとってどういう年になるんやろうか?
何をするんやろうか?
というより、何がしたくて何ができるんか?
そういうことをじっくり考える日にしないといけないのかな。

まっ、したいことは山ほどあります。

スペインに行きたい。
ドバイに行きたい。
ケアンズにもう一度行きたい。
沖縄離島にも行きたい。
皆既日食が見たい。
無人島でのサバイバルなキャンプがしたい。
その為にお金を稼がないと。
為替の更なる研究がしたい。
中国の歴史小説を書きたい。
自分の城を持ちたい。
そして可愛い女の子ともっともっと遊びたい!

夢は多くあれど、その多くが達成できないものなんです。
人が見る夢…と書いて、儚いですもんね。
その原因の多くは、時間かお金か運か才能がないためか、本人の意志が弱いから。
という風に、人は夢が実現しないとき、何かのせいにしたがります。

中島敦という人の『山月記』という小説の中に
「人生、何事かを成すにはあまりにも短いが、何事をも為さぬにはあまりにも長すぎる…」
というセリフがありますが、人生というものをとても端的にそして簡潔に表現しているなぁと思います。

でも僕は、1年以内にすべての夢は叶えられなくても、この1年で一つか二つぐらいは叶えたい。
そして一生のうちにはすべての夢を叶えられればと願います。
もし、たとえ叶えられなくて人生を終えてしまっても、夢の実現のために努力はしたいし、計画は(妄想ばかりやけど)立て続けたい。
いつまでも夢に向かうそういう姿が、僕には一番似合うと、我ながら思います。


いつまでも風邪引いて、仕事休んでるわけにも行かないので、明日から復帰する予定。
そして週末は信州に行っていい景色と空気を堪能してこようかと思っています。

風邪引いた・・・

お盆休みも後半にさしかかる、16日辺りからのどが痛くなりはじめ、咳と痰といういつもの典型的な風邪の症状。
昨日は38度まで熱が上がった。
夏オトコだというのに・・・
お盆休みはどこへも行けずに終わってしまった・・・

今日は高校野球の決勝戦もあることだし、オリンピックもあるし、ゆっくりテレビを見ながら休むことにしよう。

来週には大切な信州旅行も控えていることでもあるしね。

沖縄旅行記 ~その4~

◆7月7日(月)晴れ。快晴。

8時半頃に起床。
しっかりとバイキング形式の朝食を、この日は食べる。

沖縄旅行も今日で終わり。
荷物をまとめて京都へ帰る準備をしはじめると、急に名残惜しさを感じる。

JRの事故によるダイヤの乱れから始まって、遭難者に出会って、謎の島人に出会って、帽子を落として、レンタカーに尿器を忘れて、振り返ると妙にトラブルとアクシデントに見舞われることの多い4日間。
でも、そんな一見マイナスな出来事をも、すべてプラスのいい思い出に変えてくれる。
そこが旅の不思議なところ。

石垣の満天の夜空と、原色に近い自然の色。
ストレートに何でも言ってくるけど、たぶん心は優しい島人。
クセがあるけど、食べ続けているとクセになりそうな沖縄郷土料理。
そんな沖縄の風土が僕の肌には合う。

できるなら、離島にコテージ風の住居を建てて、北川景子と南明奈を足して2で割った感じのメッチャ綺麗な奥さんと共に、ヘルパーさんたちの協力を得ながら、毎日読書したり散歩したりとのんびりと過ごす。
これ理想。
というか妄想。

それが無理ならば、二年に一度くらいのペースで沖縄には訪れたい。
そんな思いを強くする沖縄旅行。

昼2時頃に那覇空港を飛び立ち、4時頃には伊丹空港に着陸。
6時頃、予定通り自宅に無事到着。
このときに、夏の沖縄旅行は思い出へと変わった。

沖縄旅行記 ~その3~

◆7月6日(日)晴れ。やはり快晴。

昨日・一昨日のややハードスケジュールな旅程。
というか、単に寝るのが遅かっただけ?

でもそんな旅の疲れと、睡眠不足もあったのか、目覚めたのは朝10時過ぎ。

前日の晩、僕の頭の中では

8:00 起床
8:30 朝食
10:00 観光へ元気よく出発…

という綿密にして完璧なる計画が立てられていたが、時計を見た瞬間プランの練り直しを余儀なくされる。

「あぁ、予約した朝食バイキングが。。。」

と、器の小さい僕はさらりと後悔した。

しかし、それぐらい体力的にハードな旅程を続けてきたんやから、仕方がない。
Mさんにも「よく眠らないと体が持たないよ」と言われたので、気を取り直して今日もレンタカーでの本島観光。

借りる予定だったレンタカーショップの名前が変わっていたせいで、ムダに探し歩くなどしたため、予定より多少遅れたが12時半頃にホテルを出発。

まずは、僕が沖縄で希望していたグラスボートへ乗りに、名護市にある「ブセナ海中公園」へ向かう。
このブセナ海中公園は、僕の中では

「グラスボートに乗れて、あとは暑いし水中トンネルで魚が見れればいいや」

というイメージの予定を立てていた。
というより、ネットで事前に調べてはいたがあまり詳しくは載っていなかったので、それ以上のことはわからなかった。

しかしここは、敷地内にホテルや海中トンネルがあるほか、ダイビングやグラスボートなどが楽しめ、敷地内にシャトルバスが走るくらい、そこそこ大きな敷地を持つ観光リゾート地。

P7062277.jpg

しかし、裏を返せば車いすでは行きづらいグラスボートと、10メートル以上も螺旋階段で降りる必要があるであろう海中トンネルと、宿泊客以外には無関係の広大なホテルと、泳ぐ予定にしていない者にとっては水着ギャルを見て目の保養にするぐらいしかないビーチしかない。

つまり、僕がイメージしていた水族館的な施設ではない。。。
という大切な情報を、ここに来て初めて知った。

でも、まだ朝からほとんど何も食べていないので、取り敢えずメシを食おうということで、リゾート風の小洒落たレストランでランチ。

P7062286.jpg

そこで、リゾート価格のタイ風カレーライスと、リゾート価格の南国ジュースをオーダー。
一番食べない僕が一番食費のかかるという、何とも贅沢というか無計画というか、コストパフォーマンスの悪いランチ。
しかしとりあえず、にわかセレブ気分を味わい、お腹も満たされたところでグラスボートへ乗船。

P7062309.jpg

グラスボートはもちろんバリアフリーなどになっているはずもなく、僕も車いすから降りて乗船。
オーストラリアに行ったとき、ケアンズで乗って以来のグラスボート。
暑い中、多少しんどい態勢で船底のガラスをのぞき込む必要があったが、エメラルドグリーンの珊瑚の海を泳ぐいろんな魚たちを見ていると、そんなことは忘れさせてくれる。
グラスボートでもこんなに綺麗に見えるんやから、ダイビングでじかに見れたらさぞ感動するんやろうなぁ、とダイビングの魅力が少しわかる気がした。

グラスボードにも乗船できたのでブセナ海中公園をあとにし、次の目的地である恩納村の「万座毛」へ向かった。

「万座毛」

この漢字を見て、どんな場所をイメージするだろうか。

万…いっぱい
座…すわる
毛…け

「毛がいっぱい生えているスポットか。。。
って気持ち悪いわ!」

と何気に思ったりもしたが、

ネットで調べてみると

「万座毛とは18世紀初頭の琉球王尚敬(しょうけい)がこの地を訪れたときに「万人を座するに足る毛」と称讃したのがその由来。「毛」とは沖縄のことばで「原っぱ」のことをいいます。その名の通り、天然芝があたり一面に広がり、そのまわりの植物群落は、県の名勝に指定されています。隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺望は、雄大な美しさを見せてくれます」

とのこと。

沖縄と北海道の地名は、読めないか、読めてもイメージがわきにくい地名が多い。
もともと現地の言葉での地名に、後から無理矢理漢字を当てていることの弊害なのか。
漢字は、音のほかに意味がある世界でも特殊な文字やから、音と意味両方で通じないとイメージが伝わらない。
なら、別にカタカナで表記しても問題ないような気がする。
けど沖縄の言葉、特に離島の言葉はかなり独特で、そんなカタカナですら表記しにくいって、テレビで見たような。。。
ってなことを考えているうちに「万座毛」に到着。

P7062333.jpg

万座毛は夕日の美しいポイントなのか、僕たちが行ったときはバス数台を含め、結構な数の観光客の人たちが見に来ていた。
散策コースはきちっと整備されていて、完全バリアフリーとなっていて車いすでも行きやすい。
断崖絶壁の岬に、ここでもエメラルドグリーンの海。
そして、南国特有の植物。
と絵になる風景で、車いすに乗っている人にも安心しておすすめできる沖縄のスポットです。

那覇まで帰る時間と、レンタカーの返却時間もあることなので、本日の観光はこれで終了ということで、那覇のホテルへと帰る。

ホテル帰着後、ホテルの大浴場で入浴。
少し休憩し、夕食を食べるために近くの国際通りへぶらぶらと歩いた。
入った店は、やっぱり沖縄料理を食べれる居酒屋。

「じゃ、沖縄に来たんでせっかくやから、ゴーヤと、島らっきょうと、ラフティと、ミミガーと、もずくと、魚料理と、あとは泡盛と果物のジュースと…」

って昨日・一昨日の夕食と同じ注文やん!?

P7062377.jpg

と食べてから気づいたが、やっぱその土地に行ったらその土地の物を食べるのが一番いいと思う。
新鮮やし沖縄料理は特に健康にいいとよく聞くし、雰囲気もあるやろうけど何よりおいしい。
そのお店のラストオーダー時間まで注文し続け、閉店時間までガッツリと旺盛に食べ続け、最後のお客として店を出ました。

そして、ホテルに帰って2時半頃に就寝。

つづく。。。

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。