スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルに感染しちゃいました

先週の火曜日に突然熱がでたので検査をしたら、新型インフルエンザに感染してました。
最近流行ってますね~。
恐るべき感染力。
恐るべしニュータイプ。

幸いタミフルを早めに服用したので、大事にはいたらず今はほぼ治りました。
ありがとうタミフル!!
あなたのおかげで、助かりました。

それにしても、新型インフルに対する国の対策は遅いと痛感しました。
あと一月の間にどれだけ感染者がでるか。。。
僕はすでに抗体ができたからいいけど、早くワクチン接種をしないと障害者が感染すると、いろいろな意味で大変でした。
スポンサーサイト

呼吸器外科診察 ~3回目~

今日は、気胸の定期通院のためK医療センターへと行ってきました。

まずは放射線科へ行き、胸部のレントゲンを撮影。
いつもの病院とは違うのでこちらも少し戸惑った部分はありましたが、レントゲン技師の人も僕のような特殊な病気を持った人のレントゲンはあまり撮ったことがないのか、お互いにいまいち相手の意志が理解できず、手こずりながらの撮影でした。

そして、次に呼吸器外科へ行き、先生の受診。
前回のときもそうでしたが、外来は風邪の季節ということもあってか、患者さんの多いこと。
予約時間から1時間くらい過ぎて、先生に診ていただくことができました。
大きな病院やし、先生もそれだけ丁寧に診ておられるということやろうし、仕方のないことだとは思います。

診察室に入ると、蛍光板に僕のレントゲン写真が貼ってあり、先生曰く
「右肺はほぼ膨らんでますね。左肺の下の方がまだ少しあるのかな」
とのことですが、レントゲンの写真を見ても、素人の僕にはわかりません。
ただ、自覚症状としてはすっきり感はないので、そのことをお話しすると
「この調子だと、大丈夫でしょう。次回は少し間隔を空けて2ヶ月後にしましょうか」
とのこと。
「ただ、前にも話しましたがこの病気は急にひどくなることがあるので、そのときは何曜日でも何時でも構わないので来て下さい」
と、念を押されました。

少しずつ快復してきているみたいなので、とりあえずは良かったです。
あとは、再発しないことを祈るしかないし、そのためにあまり無理せずに休みながら、風邪と誤嚥には細心の注意をはらって生活していくことが大事みたいです。

呼吸器外科診察 ~2回目~

おととい、U病院の方でCT検査を受け、その画像フィルムを持って呼吸器外科の先生がおられるK医療センターへと受診に行きました。

さすが、大病院だけあって外来の患者さんの数の多いこと。
風邪も流行っているせいもあってか、マスクマンの人たちが待合室にはいっぱい待っておられました。
僕も、

「この気胸になっているという状況下で風邪引いたらヤバいでしょ」

と思い、しっかりとマスクは装着。
風邪対策だけは怠ることはできません。

予約時間の11時を1時間も過ぎ12時頃になって、ようやく診察室に呼ばれました。
大病院は仕方がないのかも知れませんが、せめて「いま○○分遅れです」ぐらいのアナウンスがあれば助かるんですけどね…。

診察室に入り、持参してきた自分の肺のCT写真を、呼吸器外科の先生に渡しました。
すると、先生はその写真を見てすぐに、ものの1秒も見たか見てないかというぐらいで

「おぉ、ほぼふくらみましたね」

と、僕としては予想していなかったうれしい一言。
呼吸器“外科”っていうぐらいやから、何か外科的な治療をされると想定していたし、僕もそれで多少なりとも良くなるのであれば、少しぐらいの痛みや苦しみはガマンします、ぐらいの気で受診には臨んだつもりだったので、

「左(肺)はもう穴も閉じて、空気も組織に吸収されてなくなってますし、これだけ良くなれば何もすることはないでしょう。右(肺)はまだ穴は閉じたり開いたりしてるんでしょう。ただ、前にも言いましたが、幸いにして癒着がある方なので、おそらく肺がこれ以上小さく萎んでしまうということはないでしょう。毎週CTを撮ってこられたけど、そんなに撮る必要もないでしょう。今度は5週間ぐらい空けてレントゲンを座位で撮りましょうか」

とのお話しでした。

また、

「いまは退院したてということもあって、U病院の主治医の先生からは『外出は今日の受診までは少し控えてね』と言われているんですけど、外に出るのはダメですか?」

と一応聞いてみたら、

「特に激しい運動をされるわけではないですしね。別に行動に制限はしなくていいでしょ」

と、うれしい回答。

来週から少しずつ仕事にも行き、もう少し回復して自分でも大丈夫という自信が持てれば、遊びに出られるかと思います。
ただ、再発する可能性もあるし完治しているわけではないので、前までのように“遊び三昧”は厳しいやろうし、気をつけながらペースを落として遊びに行こうかと思います。

一応退院しました

15日、22日のCT検査の結果、少しずつですが気胸も良くなってきているとのことなので、退院できることになりました。

そして退院と同時に、呼吸器外科のあるKセンターへ、主治医の先生と一緒に受診することになりました。

Kセンターの呼吸器外科の先生も、

「だいぶ良くなってますね。一般の人でもこれぐらいですと様子を見ることにしています」

とのことで、何かの処置をするわけではなく、経過観察することになりました。

また来週、29日と31日に外来を受診します。

検査結果で・・・

ここ最近、いつもと違うちょっとした息苦しさがあったり、声の出にくさがあったり、呼吸をするときに肺のあたりにポコポコという音がしたり、ときに息を思いっきり吸うと胸が痛かったりしたので、先生にそのことを話してみると、一度検査を受けてみることになりました。

そして、今日CT検査を撮りました。
すると、気胸が見つかりました。
「気胸」とは、肺に穴が空いて胸膜と肺の間に空気がたまる病気です。
一般的には、10~20歳代の細身の成人男性にやや多く見られる病気だそうです。

僕の場合は、血液中の酸素や二酸化炭素のデータが通常の範囲であることや、症状的にも軽いとのことなので、何か処置をすることはなく、このまま経過を観察することになりました。

しかしこの病気は、特に僕のような筋疾患には比較的多く見られる症状らしく、しかも一度罹ると完治はしにくく、再発する可能性は高いとのことで、恐らくこれからずっと付き合っていくことになるだろうとのことです。

その話を聞いたとき、一瞬「ウソでしょ」と思いました。
風邪のような病気で、いつか治ると軽く考えていたので、とてもショックでした。
今までのような活動的な自分が、なにか過去の思い出に変わってしまったような気がしました。
気持ちの整理がつくまで、少し時間がかかりそうです。

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。