FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真説宮本武蔵』(司馬遼太郎・著)読了

 またしても司馬小説を読んでみました。『真説宮本武蔵』、文庫本一冊という量にただ読みやすそうだなと思って、ヤフオクで購入。

 “宮本武蔵”というと、二天一流を編みだし、巌流島の戦いで佐々木小次郎を倒し、生涯60余戦無敗を誇る──戦国末期から江戸初期にかけての伝説的な剣豪であり、「五輪書」という兵法書を著した兵法家。また文学や画にも才能があった芸術家でもある、というのが今までぼくの持っていた、宮本武蔵像です。

 が、この『真説宮本武蔵』を読んでイメージが少し変わりました。というのも、日本人がもっている宮本武蔵の人物像や戦歴というものは、武蔵の養子である伊織が書いた『小倉碑文』という書を参考にして書いている場合が多く、必然的に武蔵びいきに物語が進められていきます。ですが、この本では武蔵と同時代に生き、130歳まで生きたという渡辺幸庵という人の話をもとに書かれた『渡辺幸庵対話』という書を資料にして書かれているだけあって、客観的に描かれていると思います。まっ、そもそも渡辺幸庵自身が本当に存在していたのか、130歳まで生きたというのは疑念を持ちますが……。

 本書には、この「真説宮本武蔵」のほかに、「京の剣客」「千葉周作」「上総の剣客」「越後の刀」「奇妙な剣客」の剣豪もの物語6編を収録。個人的には、武蔵とも対決した京の名門兵法家、“吉岡憲法”こと吉岡家四代直綱を描いた「京の剣客」、幕末に北辰一刀流という新しい流派をつくり、晩年は水戸家に仕えた剣豪の生涯を描いた「千葉周作」は必読だと思います。

 司馬小説にしては珍しいですが、武蔵がそれほどでもなかったので評価は、★★★★☆です。
スポンサーサイト

『最後の将軍―徳川慶喜』(司馬遼太郎・著)読了

 『最後の将軍―徳川慶喜』。

 司馬遼小説の代表作で、『竜馬がゆく』や『燃えよ剣』とならんで幕末を描いた有名な作品ということは知っていたのですが、文庫本一冊、300ページに満たない薄い本だとは思いませんでした。

 しかし読んでみると内容は重厚で、とてもおもしろい。幕末の動乱の時期。佐幕や倒幕、攘夷や開国といった強烈なエネルギーが凝縮された時代に、政治の情勢はとても不安定で、時勢はどうなっていくかわからない。そんな状況にあって、政治治感覚にとても機微な慶喜は、さまざまな悩みや葛藤の末「大政奉還」という前代未聞の決断を下す。この本ではそれまでのいきさつや、徳川慶喜という人間像が実にいきいきと描写されています。
 ぼくは今まで、あの時代にどうして幕府は倒れてしまったのか、いまいちわかりませんでした。

“天領400万石、旗本8万騎……”

 とうたわれるように、直轄地だけでも薩摩・長州・土佐・肥前が束になってかかってもかなわないような豊かな領地を持ち、さらには御三家や御一門といった親藩や、おおくの譜代大名までいる。軍隊にしても、洋式に訓練された陸軍数万に、軍艦十数隻からなる当時日本最強の海軍をもつ。なので、

──どう考えても、戦争で負けることはないはず

 と考えていました。

 たしかに桂小五郎や西郷吉之助、大久保一蔵に匹敵する人材がいないにしても、幕府にも勝海舟や小栗上野介といった俊才は多くいる。またたとえ長州征伐に失敗したといっても、幕府にとってはアウェーで一敗しただけで、大阪城で籠城するとか、東征する新政府軍をどこかで待ち伏せするとか、戦術的に残された選択肢は少なくはないし、やりようはあったはず。

 それなのになぜ幕府は倒されてしまったのか……。

 すべては、水戸家に生まれ、政治感覚が鋭すぎる徳川慶喜という人が将軍になったからなんだと読んでわかりました。

 水戸家は将軍の親戚でありながら、将軍家よりも天皇を崇拝するという思想をもつ特殊な家です。また独自の歴史観があり、“足利尊氏は賊軍”という考え方が水戸家にはありました。そんな水戸家に生まれた慶喜にとって、自分が朝敵として後生の歴史に名を残すことは、何が何でも避けなければいけない。時代の流れを読むことに長け、英明な将軍であればこその歴史的な判断が、「大政奉還」であったんだと気づかされました。

 もちろん評価は、★★★★★です。

『王城の護衛者』(司馬遼太郎・著)読了

 宮城谷昌光氏の小説はすべて読み尽くしたので、久しぶりに司馬遼太郎氏の小説を読んでみました。

 今回読んだのは『王城の護衛者』という作品。激動の時代といっていい、幕末に活躍した偉人たちを描いた、五編からなる中編小説集です。

「王城の護衛者」
 京都守護職を拝命し、志士たちが跋扈する京の街の治安を任されることとなった、会津藩の青年藩主・松平容保(かたもり)。藩祖の家訓にしたがい、主家に対する忠義をあくまでも貫くが、将軍・徳川慶喜には見捨てられ、時代の悲劇に飲み込まれていく。

「加茂の水」
 岩倉具視の謀臣として数々の討幕運動をかげで立案した、近江国の老僧・玉松操の半生。

「英雄児」
 戊辰戦争(北越戦争)で、官軍をたびたび苦しめた越後長岡藩。藩の財政を立て直し、当時としては最新鋭の武器を装備し、官軍との戦いでは先頭に立って戦い散った家老・河井継之助の生涯を描く。

「鬼謀の人」
 政変に敗れ、幕府との戦いにも破れ、凋落し続ける長州藩に突如としてあらわれた軍略の天才・大村益次郎。彼の指揮する軍は連戦連勝し、ついに幕府は倒されることとなるが……。

「人斬り以蔵」
 幕末の京都に“人斬り”として恐れられた、岡田以蔵。土佐の下級武士階級に生まれ、学問のできない彼には、剣でしか生きる道がなかった。土佐の剣豪・武市半平太の門をくぐり、剣の腕をあげていく。しかし、彼の剣はただ人を斬るためだけにあり、自制のきかなくなった以蔵は、師である武市にも見捨てられ悲しい最期を迎えることとなる。

 どの作品も、登場人物が目の前にあらわれるのではないかというぐらい、生き生きと描かれています。読み終えるとなぜか、さわやかな風が吹きぬけたかのような、そんな気持ちにさせてくれる心地よい物語ばかりです。司馬遼作品を、これから続けて読んでいくつもりです。

 もちろん評価は、★★★★★です。

プロフィール

侍遊人(じゆうじん)

Author:侍遊人(じゆうじん)
人生は遊び楽しむこと、そしてその為にも有意義にお金を儲けること。

趣味:ライブ、映画、旅行、読書
マイブーム:史跡や城趾散策

お天気

為替情報

最新FX為替チャート
FX

世界の政策金利

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ネットでお小遣いサイト

ECナビ
お得なポイント貯まる!ECナビ
サイトでバナークリック、語句検索、くじ、ゲームをしたり、メールのクリックで、1日平均10円以上稼げます。

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
会員数130万人超を誇る、国内最大手のサイト。パソコンとケータイでポイントは合算されるので、すぐに換金できます。

げん玉
サイトでバナーのクリック、そしてメールのクリックで、1日平均5円以上稼げます。

流石めーる
最も稼げるリードメール。メールの受信で1日平均10円以上稼げます。

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

中国史関連リンク

侍遊人 おすすめ書籍

Amazon 本 > ベストセラー

侍遊人の好きな作家

侍遊人の気になる芸能人

北川景子 (web)
夏帆 (blog)
山崎みどり (blog)
アンナ・リー (blog)
青木未央 (blog)

ブログ内検索

カウンター

おすすめセキュリティソフト

  • pagetop
Copyright © 侍遊人(じゆうじん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。